甘みが強く、味が濃い清水農園のフルーツトマト
糖度は10度以上、トマトではなかなか出せない甘さです。

フルーツトマトの栽培を始めて15年ほどになりますが、最初の数年はフルーツトマトにならなかったんですよ。

普通のトマトよりもちょっと甘いね、というくらいで・・・。
それから土の質や水の量など、試行錯誤を繰り返し、当農園自慢の『こだわりフルーツトマト』が完成しました。​

 

私たちのトマト〜「土」と「水」のコントロール〜

堆肥を入れることで、山の土のような、自然に近い土壌にしています。

​山の土には落ち葉や微生物が堆積し養分が豊富ですが、その状態に近づけることで、

トマト本来の味と香りが出るのです。

それと糖度の高いフルーツトマトの木にするには、育苗管理が欠かせません。

中でも水分量の調整がとても大切です。

清水農園では年間1万本の苗を育てていますが、1本ごとに土の状態を確認し、

水の量を調整しながら水やりをしています。

それだけで半日終わってしまうほど手間のかかる作業です。

一言で言うなら『生かさず、殺さず』の水加減。

​極力水を減らして育てるので、完熟してもグズグズにならない、歯ごたえのよいトマトが実ります。

​農園主はなし

土と水にこだわります

北海道のフルーツトマトをどうぞ!